和菓子のあとりえ
教室のご案内 和菓子レシピ ギャラリー 和菓子事典
教室のご案内
コース内容・料金
スケジュール
生徒募集要項
受講申込み手続き
講師プロフィール
教室へのアクセス
教室からのお願い
FAQ
掲示板
京菓匠游月--美しく美味しい和菓子
和菓子のあとりえ推薦の
和菓子のお店です

スケジュール

和菓子教室あとりえのレッスンメニュー

和菓子教室あとりえでは、以下のような和菓子コースが開設されています。
※今春の募集クラスは、以下の3種類のクラスです。
 @『和菓子基礎クラス〜はじめの一歩』
 A『和菓子の美味しさを愉しむクラス』
 C『和菓子のあとりえマイスタークラス』

@和菓子基礎クラス〜はじめの一歩 (受講期間は1年完結)
  和菓子基礎クラス〜はじめの一歩は、正に和菓子つくりにそっと寄り添い
ゆっくり触れ合い慣れていただくことから始まります。
初めての和菓子つくり、慌てずゆっくり楽しんでください。
A和菓子の美味しさを愉しむクラス(受講期間は1年完結)
  和菓子のあとりえで使用する材料は、和菓子職人が全国各地から厳選したものを
使っております。それゆえ美味しさは得も言われぬものです。弘法も筆を選びました。
是非、この上ない和菓子の美味しさをお楽しみください。
B和菓子創作クラス(受講期間は1年完結)
  当教室『和菓子基礎クラス』『和菓子の美味しさを愉しむクラス』の修了者を対象に
当教室での経験を基に先々には、オリジナルの和菓子をお作り頂きたく
願う修了クラスです。
C和菓子のあとりえマイスタークラス
  マイスタークラスでは、月々、講師が和菓子レシピを提示し、
そのカリキュラムに沿って指導を受けながら
和菓子製法技術が身に付くように修練いたします。
尚、カリキュラムについては、非公開です。
 
■教室からのお願い
レッスン中(殊に講師のデモストレーション講座)の撮影、録音ができますが、
先々、ご自身の和菓子作り復習の為にのみ使用する事を条件として許されます。
勿論、レッスン進行の妨げにならないこと、如いては、ご自身の和菓子作りが
疎かにならないようご注意ください。
レッスン中の撮影等につきましても、必ずお約束を守ってください。

 

    10:00〜13:00 14:30〜17:30
第一 土曜日 基礎クラス 美味しさを愉しむ
日曜日 マイスタークラス 創作クラス
第二 土曜日 美味しさを愉しむ  
日曜日 基礎クラス 美味しさを愉しむ
第三 土曜日 マイスタークラス  
日曜日 マイスタークラス 創作クラス
第四 土曜日 マイスタークラス 基礎クラス
日曜日 美味しさを愉しむ 創作クラス

(注)適応期間:令和3年4月〜令和4年3月末日まで

和菓子基礎クラス〜はじめの一歩

  前期 後期
4月
藤の花

(淡紫煉切)
5月
撫子
(艶干し錦玉)
5月
花菖蒲
(外郎たたみ餅)
4月
藤の花(淡紫煉切)
茶席菓子用に吉野葛つなぎ煉り切り餡をご自身で作り、細工ヘラで巧みに仕上げます。
 
10月
竹皮包み栗蒸し羊羹
野趣に富んだ栗蒸し羊羹を竹皮に包んでじっくり蒸し上げます。
和三盆糖
芳香な和三盆糖で干菓子の打ち物を作ります。
干菓子艶干し錦玉
6月
落とし文
(早やこなし製)
7月
黄身羽二重時雨
7月
竹筒流し水羊羹
5月
花菖蒲
(外郎たたみ餅)
五月薫風の代表、水辺に揺れる花菖蒲を折り紙のように作ります。
撫子(艶干し錦玉)
淡く炊き上げた艶干し錦玉を一つひとつ仕上げます。
11月
黒糖羊羹
(干し無花果入り)
芳香な大島黒糖羊羹に干し無花果添えた棹もの。
どら焼き
和菓子の定番ですが美味しさは特撰もの。
9月
栗茶巾
10月
竹皮包み栗蒸し羊羹
10月
和三盆糖
6月
落とし文
(早やこなし製)
源氏物語にも由来する恋文。ひとひらの若葉で小倉鹿の子を包みます。
 
12月/1月
松上鶴
(上用饅頭製)
初春の目出度さを翠松の上に佇む丹頂鶴に寄せて寿ぎます。
11月
黒糖羊羹

(干し無花果入り)
11月
どら焼き
12月/1月
松上鶴

(上用饅頭製)
7月
黄身羽二重時雨
黄身餡を時雨に見立て木型で打ち出します。
竹筒流し水羊羹
さっぱりした涼味ある喉越し爽やかなものが人気。和菓子の涼一味といえば、まず水羊羹が挙げられます。
2月
桜餅(関東風焼き皮仕立て)
春の和菓子の定番。桜葉の香りと共に一足先にお楽しみください。
わらび餅
なんとも謂えぬ黄な粉の香りに包まれたわらび餅、頑張って煉り上げてください。
2月
桜餅

(関東風焼き皮仕立て)
2月
わらび餅
3月
初さくら

(淡紅ぼかし煉切製)
9月
栗茶巾
栗は菓子の原点である「果物」の王様。この滋味な厳選した栗をふんだんに使い、何処にも負けないぐらいの「栗茶巾」を作ります。
3月
初さくら
(淡紅ぼかし煉切製)
巧みに包み上げた煉切饅頭を巴に組み合わせ、細工ヘラで優しく表現します。
 
※製菓材料、レッスンの進行状況によりカリキュラムが変更になる場合も有りますので
 予めご了承ください。

和菓子の美味しさを愉しむクラス

  前期 後期
4月
柏餅
5月
涼風
(柚子餡入り削ぎ種製)
5月
花王
(煉切製)
4月
柏餅
端午の節句。子孫繁栄の縁起の良い柏葉に包まれた『柏餅』、我が子の健やかな成長を願います。
10月
栗くり
(栗餡入り焼き菓子)
所謂、栗饅頭を一足先に作ります。ご自身で炊いた餡でしっとりした焼き菓子に仕立て上げます。
6月
抹茶羊羹
6月
笹だんご
(蓬入り団子)
7月
ほおずき
(外郎製)
5月
涼風
(柚子餡入り削ぎ種製)
夏簾を心地よい風が渡り、ほんのり見える緑陰の淡く涼しげな風情をお菓子に表しました。
花王(煉切製)
百花の王と謂われる牡丹を巧みに布巾絞りで作ります。
11月
和三餅
芳香な和三盆糖に包まれた得も言われぬ滑らかなゆべし餅、ビックリ!
初霜(栗こなし製)
“初霜におきいでてみれば 白砂の衣手寒き 月の影かな”二十四節気『霜降』の季となり霜枯れ三月の始まりです。
9月
栗餅
10月
栗くり
(栗餡入り焼き菓子)
11月
和三餅
6月
抹茶羊羹
和菓子もさっぱりした涼味ある、喉越し爽やかなものに人気が集まります。
笹だんご(蓬入り団子)
春光の蓬の香りをいっぱい詰め込んだお団子を涼味たっぷりに青笹で包みます。
12月/1月
丹頂(煉切製)
初春を寿ぎながら、ひとつひとつ作ります。
梅菱(梅羊羹製)
うっすらと雪化粧した紅梅を、待ち望んだ春の風情に見立ててみました。
11月
初霜
(栗こなし製)
12月/1月
丹頂
(煉切製)
12月/1月
梅菱
(梅羊羹製)
7月
ほおずき(外郎製)
浅草寺の『鬼灯市』はつとに有名で、ほんのりとした提灯の灯りと軽やかな風鈴の音に心誘われ、夏の夜の涼を求めて訪れる人が絶えません。
2月
菱餅(軽羹製)
我が娘の厄除けと、健やかな成長を願い、淑やかに咲く花と願う『紅』、雪のように純白の心を願う『白』、草萌える大地を表す『緑』との三位一体。
2月
菱餅
(軽羹製)
3月
早春賦
(中華焼き皮製)
3月
桜餅
(道明寺製)
9月
栗餅
豊年の秋と謂えば、栗をおいてありません。歯切れのいい柔らかいお餅で秋の実りを包み込みます。
3月
早春賦(中華焼き皮製)
常套句の春とは名ばかり、遠くに春の足音が聞こえてきます。
桜餅(道明寺製)
もっちり柔らかく炊き上げた道明寺饅頭を桜葉に包みました。
※製菓材料、レッスンの進行状況によりカリキュラムが変更になる場合も有りますので
 予めご了承ください。

和菓子創作クラス

  前期 後期
4月
彩雲
5月
水温む
(煉り切り製)
5月
若楓
(干菓子寒氷製)
4月
彩雲
小豆高麗仕立て小倉羊羹を吉祥の雲、彩雲に丸めました。
10月
(干菓子 石衣)
実りの秋といえば、松茸や栗。一つひとつ手間暇かけて作ります。
雁来紅(がんらいこう)
初雁が来る頃に色付く葉鶏頭を『雁来紅』と洒落た名前で呼ばれます。
6月
紫陽花
(薯蕷きんとん製)
6月
柚子みぞれ
(柚子入り道明寺羹)
7月
土用餅
5月
水温む(煉り切り製)
百花繚乱の春。雪解けの水も温み、水辺の鳥たちも楽しく泳ぎます。
若楓(干菓子寒氷製)
雨上がりの木々の緑も苔の青さも眩いばかりに一段と青さを増します。
11月
わらび餅(小豆漉し餡入り)
得も言われぬ美味しさ、是非、お召し上がりください。
餅どら
しっとりした焼皮で大納言小豆小倉餡を包みました。
7月
塩羊羹
9月
芋秋
(薯蕷饅頭製)
10月

(干菓子 石衣)
6月
紫陽花
(薯蕷きんとん製)
青梅が五月雨にお似合いなら、その雨にお似合いの花は紫陽花でしょうか。
柚子みぞれ
(柚子入り道明寺羹)
六月水無月、雨がお似合いの季。雨に洗われた木々の緑は、一層、青さを増します。
12月/1月
菱葩餅
(ひしはなびらもち)
正月の宮中儀式に用いられた鏡餅が雅な姿の和菓子になったもので、今日の裏千家の初釜のお菓子としてもつとに知られて居ります。
10月
雁来紅
(がんらいこう)
11月
わらび餅
(小豆漉し餡入り)
11月
餅どら
7月
土用餅
古くは宮中で行なわれていた風習で、土用の入りの日に小豆餅を食べると暑気当りをしないと謂われています。
塩羊羹
寧ろあっさりとした甘さを感じます。驚きの美味しさです。
2月
早蕨
(大納言鹿の子こなし巻)
雪景色の中、身をすくめて春の訪れをじっと耳を澄まして待っている野山の小さな命。萌えいずる蕨に蕗の薹、小さな命の芽生えです。
12月/1月
菱葩餅
(ひしはなびらもち)
3月
早蕨
(大納言鹿の子こなし巻)
3月
乳菓
9月
芋秋(薯蕷饅頭製)
万物恵みの稔りの季節の到来。天高く澄み渡った『仲秋の名月』舞台装置は整い、正しく『清風明月』の風情です。
3月
乳菓
この美味しさを是非お楽しみください。

※製菓材料、レッスンの進行状況によりカリキュラムが変更になる場合も有りますので
 予めご了承ください。

 

Profile Contact Privacy Link

Copyright © 2021 和菓子のあとりえ All Rights Reserved.